【実践済み】Bronze(ブロンズ)のDBA 12Cを最短、低コストで合格する勉強法

業務システムにはOracleってつきものですね。SQLやOracleのアーキティクチャ的な内容ってシステム開発でもけっこう重要です。
でも、SQLは開発しながら覚えられますが、データベース構造は意識的に勉強しないと理解できません。
理解するために手っ取り早いのがOracle Bronzeの資格を取ること。
これが一番効率的。

ただ、Oracle試験の費用はけっこう高いです。SQLで13,000円くらい。DBAは24,000円くらいかかります。

だからこそ、一発で試験合格したいですよね。

ではOracle Bronze DBA 12Cに一発で合格した僕がその勉強法をお伝えします。

(暗い写真ですいません。。)

これを読めばどうすれば最短、低コストでOracle Bronze DBAに合格するのか。使うべき参考書、勉強時間、勉強方法などをお伝えします。
無駄な時間を使わずに最短で合格しましょう。

ちなみに僕のスペック。

・エンジニア歴:3年(主にJava)
・Oracle:SQLは使うけど、DBA的なことはほぼ未経験で知識皆無の状態でした。

【1日45分】参考書1冊を3か月繰り返せば、合格します!

参考書は何でもいいわけではありません。僕がおすすめする参考書です。その参考書を3か月繰り返せば、合格します。現に僕はそのおすすめ参考書だけで合格しました。

その参考書はこいつです!

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA 12c](試験番号:1Z0-065)完全詳解+精選問題集(オラクルマスタースタディガイド)

いわゆる、白本ってやつです。
これめちゃくちゃいい問題集です。僕はこの参考書しかやっていません!

なぜいいのか?

本番問題はこの模擬試験とそっくりの問題が出るからです!

この参考書には末尾に2回分模擬試験ついているのですが、これと同じ問題が出ます。え?見たことあるってパターンに何度遭遇したか。20問ぐらいはそっくり問題が出題されました。この模擬試験を完全に理解できれば、合格できます。

とは言うものの、模擬試験の解答を丸暗記しても意味がありません。

次の勉強法で模擬試験を理解した上で解けるようになれば、合格できます。

では勉強する手順です。

白本を使ったBronze DBA12c合格の勉強法

ではどのように勉強したのかをお伝えします。

【①暗記、暗記、暗記】

まずは暗記をしまくります。DBAは普段聞かない用語がたくさん出てきます。EM Expressやリスナー、MEMORY_TARGETなどなど。DBA試験対策は問題を解くためのキーワード暗記が最優先です。

暗記 ⇒ 理解の順です。

僕はまず1章から参考書を読み進めて、赤字になっているキーワードを見つけると一度立ち止まって、そのキーワードが答えになるような問題を単語帳に書きます。

例えば、OUI(oracle Universal Installer)というキーワードが出てきたら、「Oracleをインストールするソフトウェアは?」と単語帳に書いて、裏にOUI(oracle Universal Installer)と書きます。こうやってオリジナルの一問一答問題集を作っていきます。これ、実はめちゃくちゃ効率的な勉強法です。

時間がかかるように感じますが、けっこうすぐできます。

問題を作ためには、キーワードの意味を理解していないといけないので、実は勝手に理解もしつつオリジナル単語帳が出来上がります。そして、通勤中やお風呂、寝る前にこの単語帳をぺらぺら見ながら暗記します。

1か月ぐらいで11章まで単語帳作成が終わるはずです。

【②章末尾の問題を解く】

単語帳作成が終わったら、章の末尾にある「章末問題」を解きます。

すでに単語帳を作成して勉強しているので、問題に登場するキーワードは「見たことがあり、なんとなく意味が分かるキーワード」だと思います。

これが大事!

最初は間違えると思いますが、ある程度は解けると思います。

問題を解きながら、丁寧に解説を読んで問題と答えをしっかり理解します。

キーワードを知っているので、理解がとても早いはず。

繰り返しますが、キーワードを知らないうちにいきなり理解しようとしてもキーワードの大枠が分からないため、理解できません。

英語の問題でもそうですよね?visitやspendなどの頻出キーワードを暗記していない状態で大学受験問題を解いてもさっぱり理解できないです。それと同じです。

先に暗記、後に理解です!

章末問題+単語帳暗記のセットを1か月行います。メイン勉強は章末問題にしつつ、1日15分は単語帳の暗記に当てます。

章末問題は2、3往復してほしいです。

これを着実に行えば、本番問題も50%ぐらいは解けるようになると思います。

でもBronze DBA 12Cの合格ラインが70%なので、まだ足りません。

【③模擬試験をすべて理解するまで解く】

最後の1か月で模擬試験を解きます!

模試試験とそっくりの問題が出るので、この2回分模試問題はすべて重要です!

最初は時間を守って、120分集中して解いてください。

たぶんけっこう間違えると思います。

でもそれでいいです。やっていない問題ですから間違えて当然です。

模擬試験を解いた後がすごく大事。

模擬試験を解いた後は、問題を1問ずつ(正解問題も含めて)丁寧に精読して、解説を読みながら理解していきます。

すべての問題とその正解を理解するだけでなく、すべての選択肢も理解します!

具体的には、a,b,c,dの4択問題で答えがbだとしたら、bが正解の理由だけでなく、a,c,dが誤りの理由まで理解してください。

「aが誤りなのは〇〇だから。」というレベルまで理解してください。

2回分の模擬試験を受けたら、立ち止まってはいけません。

その後は、テスト本番まで何度も模擬試験を繰り返しながら、単語帳でキーワードの定着を続けます。

これを真摯に実践すればBronze DBA 12Cは合格します!

現に僕は3か月で合格しました!

この模擬試験に出てきた問題ばかりだったので、当日は落ち着いて解けました。

たくさんの参考書を購入している方もいますが、これ1冊で十分です。

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA 12c](試験番号:1Z0-065)完全詳解+精選問題集(オラクルマスタースタディガイド)

勉強の時間確保は大変だと思いますが、Bronzeレベルの知識は業務でも重宝されますので、頑張ってください。応援しています!
(Bronzeについて質問があれば、コメントください。返信いたします。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です