最初の動画編集をしてみて、改善点を洗い出した

フリー素材を使ってはじめて動画を編集しました。いや、けっこう楽しくて動画編集ははまりそうです。

楽しかったのですが、完成した動画を見てみるとやはり質の悪さが気になります。が、これは最初だからしょうがない。編集→改善を繰り返していけば、質は自ずと上がるので気にしていません。継続で改善し続けることが大事です。ただ動画をたくさん撮りためても意味がなくて、分析工程が一番大事。
では早速ですが、僕がはじめて作成した動画をYotubeにあげています。

では、一度見たところで今後どのように改善すべか、自分の中で分析し、次回は分析結果に基づき、動画を編集していきたいと思います。大事なのはこれの継続。

動画編集の改善点

改善点はたくさんありすぎますが、今後の自分のために1つずつ書いていこうと思います。

動画編集アドバイス①コンセプトを明確にする

これが一番大事なことだと思います。何のための動画か分からない。これを見たユーザーにどのような気持ちになってほしいか分からないから、見終えた後にボヤっとした感情が残る。
動画作成の前にユーザーにどのような気持ちになってほしいかを文字起こしする。

動画編集アドバイス②ムダなシーンは削る

各動画の長さはバラバラでも良いのですが、ムダな箇所、つまりカットできていない動画があります。まずはラップトップを広げるシーン。

ラップトップを広げて、「さあ仕事をはじめよう」という意味のカットですが、ラップトップを開くまでの時間が長い。間を持たせてしまっているので、変な間が生まれています。

あとは、会議をしているシーンもムダに長いので、変な間ができてしまっています。

メッセージ性がある動画ではないのに、やたら長い。時間は半分、もしくはそれ以上短くしてもいいぐらい。

ムダな箇所は徹底的に削除する。カットの再生速度を2倍速、3倍速にあげる。

動画編集アドバイス③ぼかしの動画は意味を持たせる

ぼかしの動画がありますが、なんか見づらいですね。意味のないぼかし動画は見づらいだけになってしまうので、やめた方が良いでしょう。例えば、遠く離れていくシーンで徐々にぼかすのは成立する気がしますが、何もないのにぼかすのは意味ないですね。
ぼかし動画は意味を持たせるときに入れる。

動画編集アドバイス④アレンジを入れる

この動画はカットをつなぎ合わせただけなので、淡白な仕上がりになっていますし、注目すべきシーンもないので淡々と映像が流れるだけです。つまり、視聴者に興味を持たれないから、市長途中で離脱する人が多そうです。
文字や吹き出しを入れたり、直接的な音声を入れたりする必要がある。加工が全くない。

動画編集アドバイス⑤動画数を増やす

・アップテンポ調の音楽を入れているのに、動画数が少ないので、音楽と動画のペースがマッチしていません。最初は動画の切り替えが早いので調子がいいが、後半はダラーっとした展開になっているので見ごたえがないです。そして、尺を合わせるために動画カットしなかったような仕上がりになっています。
動画をダウンロードして日々蓄積するフォルダを作る(倉庫のようなもの)

動画編集で良かったこと

単純に自力で1本の動画を作成できたことです。たかが60秒の動画ですが、この動画を作るために編集ソフトをダウンロードし、フリー動画、フリー音源をダウンロードしまくりました。意外に時間がかかっています。
自力で動画作成できたのは少し自信になりましたので、あとは徐々に動画の質と編集の質を上げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です