【訴えられるよ!】未経験フリーランスエンジニアのリスク高すぎて、頭痛くなってきた!

最近は、「未経験でフリーランスエンジニアになろう」、「フリーランスエンジニアは人生楽勝モードだぜ!」的なブログをよく見ます。

明らかにアフィリエイト的な意味合いで書いているんだろうと思いますが、こういう無謀な提案はとても怖いです。結果的にIT業界で働く人を減らしますよ。

というか、それを信じた純粋な未経験エンジニア本人の未来を潰します。

未経験でもフリーランスエンジニアになろうとしているあなた、惑わされていませんか?フリーランスエンジニアの良い面だけ見ていませんか?

【結論】最低1年はIT企業に就職すべき

エンジニア未経験の方は最低1年はIT企業に就職して、プログラミングや開発案件の進め方を学ぶべきです。

できれば、3年ぐらい正社員で働いて、いろんなノウハウを吸収してほしい。

コードが書けることと仕事ができることは違います。

プログラミングが理解できても、仕事ができないエンジニアは大勢います。

コードが書けて、仕事が分かってからフリーランスエンジニアになります。ふつうは。

言語は何でもいいので、一度IT企業に勤めて、バリバリ仕事を覚えるべきです。言語はJavaでもC#でもPHPでも良いです。

未経験のままフリーランスエンジニアになると、仕事の進め方やシステム開発のノウハウが身に付かないです。

教えてくれる人がいませんから。

仕事の進め方とは設計、製造、テスト、納品の流れです。

システム開発のノウハウとは、どこでバグが起きそうか、どんなテストをすべきか。など、システム開発をするうえで注意すべき項目とでも言いましょうか。

これらは、座学で身に付きません。

経験です。

そして、経験は失敗しながら身に付くものです。

企業勤めだと失敗しても周りがフォローしてくれますが、フリーランスエンジニアになると、誰もフォローしてくれません。自己責任です。

個人事業主ですから。

未経験者はフリーランスエンジニアのリスクを知らなすぎる

未経験者はフリーランスエンジニアのリスクを知らない方が多いです。

フリーランスエンジニアの良い面ばかり見てしまっている。

世の中、すべてが表裏一体です。良い面も悪い面も併せ持っています。

フリーランスエンジニアのリスク①高単価だが、それは売上です

フリーランスエンジニアは月々60万円~80万円ほどの高収入が謳われていますが、まずそれ、収入ではないです。
売上です。

ここがすごく大事。
売上です。月収ではありません。

ここから交通費、打ち合わせ代、備品、健康保険料などがかかります。

個人事業主なので、健康保険はサラリーマンの2倍払います。この辺り、ちゃんと知っていますか?健康保険は会社が半分負担してくれているんですよ。

思ったほど、手元にお金は残りませんよ。

フリーランスエンジニアのリスク②突如、契約打ち切りになる

フリーランスエンジニアの評価は仕事ができるか否かだけです。

技術力とコミュニケーションスキルです。

まず、これらは平均エンジニア以上の能力が求められます。

技術力だけじゃダメです。
コミュニケーションスキルだけじゃダメです。

技術力とコミュニケーションスキルが必要です。

技術力が低いエンジニアは開発ができないので、契約を打ち切られます。

コミュニケーションが取れないエンジニアは正確な報告ができないので、契約を打ち切られます。

エンジニア不足なご時世ですが、使えない(できない)エンジニアは契約してくれません。僕はIT企業(SES)で営業もしているのでよく知っています。

お客さんはタダでも受け入れてくれません。足手まといですから。

「来月からは契約しないよ。よろしく」的なノリでさらっと言われます。
来月からニート確定です。
さらに、仕事が不十分すぎると、訴訟のリスクもあります。
まぁ当然ですよね。

業務不履行で訴えられます。

でも、会社に属していたら、できなかった場合でも対策があります。

優秀な社員を追加で導入するとか、単価をタダ同然まで下げるとか。

会社があなたのミスや無力をフォローしてくれるんです。

フリーランスエンジニアのリスク③【営業面】売り込み続ける努力

あなたが問題なく仕事を完遂しても、案件が終了すれば契約は終了です。

となると、すぐに次の案件を探さなければいけません。

自分で自分を売り込む営業活動が必要です。

日々の開発に追われながらの営業活動はとても大変ですよ。

僕は単純にエンジニアが増えてほしい

フリーランスエンジニアの広告に惑わされないでください。

まずは正社員エンジニアになって開発経験を積むこと。1年でも3年でも良い。

未経験でフリーランスエンジニアになるのはリスクが高すぎます。

僕は日本にエンジニア人口がもっと増えてほしいと思っています。正社員でもいい、フリーランスでもいい。エンジニア人口が増えてほしい。

ただ、これはエンジニアになる人が増えるだけでなく、エンジニアが辞めないこと(他の業界に転職しないこと)も意味します。。エンジニアの総人口を増やしたいのです。
なので、いきなりリスキーなフリーランスエンジニアになって、リスクに直面し、この業界から去ってほしくないです。

フリーランスエンジニアももちろん、良い選択肢だと思いますが、未経験はリスクが高すぎます。

アナウンサーでフリーアナウンサーが流行っていますが、いきなりフリーアナウンサーになって成功している人っていますか?

カトパンや有働さんは何年もテレビ局でアナウンス力を磨いた後にフリーになったから成功しているんです。

テレビ局員時代に話し方やノウハウ、人付き合いを学んだからフリーで成功があります。

エンジニアだけ未経験でフリーランスになれるなんてあるはずないですよ。

それでもフリーランスエンジニアになりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です