【稟議】仕事ができないエンジニアを撲滅する対策案

エンジニアの技術や成長速度は千差万別です。

1年の経験で自力の開発ができるようになるエンジニアもいれば、3年経ったのに、配列すらわからないエンジニアもいます。

3年経っても配列がわからないエンジニアは困りますよね。

そんなエンジニアは開発現場で通用しないから、当然、給与も上がらないです。
いわゆる、なんちゃってエンジニアです。できないエンジニアです。

「よっぽど勉強していないような気がします。

でも、このようなエンジニアは世の中にごまんといます。
「仕事はエンジニアです。」と言っているのに、実は全然開発していない方とかいたりします。
これはまずいですよね。

このようなエンジニアは先がないので、すぐに対策を取ることをおすすめします。

今のままだと将来、クビなりますよ。

この記事を読めば、エンジニアのキャリアパスがイメージできるとともに、今の自分が真っ当なエンジニアキャリアを通っているか、が判断できるようになります。
もし、このままだとまずいと思ったら、対策しましょう。対策は下に書いています。

3年で一人立ちできるレベルになるべき(ならないといけない)

エンジニアは原則3年で一人立ちできるレベルになっておくべきです。

それが基本的なペース。

「3年=一人立ちしているでしょ?」
の方程式が成り立ってしまいます。

「3年」はどの業界でも1つの区切りです。エンジニアも同じです。

とは言っても、エンジニアはプログラミング、DB(SQL)、OS、ネットワークなど覚える技術は多岐にわたるので、全部を自力で行うのは到底ムリです。

そんな考えは逆にベテランエンジニアに怒られます。

「そんな簡単に技術は身につかんぞ!」と。

なので、一人立ちと言っても、分からないところは必ず発生するので、そういうときは聞いていいです。
先輩のつきっきりが外れて、なんとか一人で頑張っているなーと思わるレベルであればOKです。

3年目までに周囲に頼らず、自分の知識とgoogle先生で開発できるようになりたいところです。

3年で一人立ち不可=エンジニアキャリアは終了する

3年で一人立ちできないエンジニアは、相当焦らないと人生終了モードになります。

業界によくいる、わかったふりをするおじさんや1日何もしゃべらないおじさんになってしまいますよ。

嫌ですよね、そんな大人になるのは。

ダサすぎます。

じゃあどうするか。

今からどうすべきか。

対策は2つです。

仕事ができないエンジニア対策①圧倒的に勉強する。

圧倒的に勉強する。
これだけ。本当にこれだけです。

勉強すれば確実に力が付きます。

今扱っている言語の勉強でもいいし、DBやOSの勉強でもいい。なんでもいいので、IT系の勉強をします。

仕事に関係ありそう、もしくは、今は関係ないけど自分が興味がある技術(IT系に限る)の勉強をします。

まずは勉強を始めることです。毎日、コツコツ勉強することです。そうすれば、いずれ大きな花が咲きます。
僕はOracleが苦手だったので、Oracle Bronzeの勉強を頑張りました。資格取得後はOracleに対して自信を持てるようになったし、仕事も早くなりましたよ。

勉強対象の内容を決めて、まずは勉強を始めることです。

何をすればいいか分からない方はメッセージください。僕がアドバイスします。

仕事ができないエンジニア対策②転職する。

対策2つ目は転職することです。

他のIT企業に転職します。

基本は圧倒的に勉強して、今の職場で仕事ができるエンジニアになるべきです。

仕事ができないエンジニアが転職しても、本質は同じなので、転職先でも仕事ができないままです。

そのため、仕事ができない状態での転職はあまりおすすめしません。条件も悪いですし。

しかし、転職したほうが良い場合もあります。今思いつくのは2つ。

1つ目は開発ができない職場の場合です。
これは転職したほうがいいです。

エンジニア採用したのに、テストやツール作成しか割り振らない職場がまれにあります。

これ、エンジニアの気持ち考えるとひどすぎますよ。

本人がテスターやエクセル職人希望なら良いんですが、開発したくて入ってきたエンジニアをいつまでも開発以外の業務に従事させるのはひどいです。

社会人の1年はとても貴重です。テストやエクセル操作ばかりやっている暇はありません。

1年を棒に振ってしまうので、転職したほうがいいです。

2つ目は勉強しないエンジニアが多い職場の場合です。

まぁ、勉強するエンジニアはどんな職場でも勉強するのですが、一方で人間は周りに流されやすい性質を持っています。

「周りが勉強していないならいいか。」

とあなたが思ってしまう職場環境なら、その職場は変えた方がいいです。

心機一転、切磋琢磨できる会社に入って、自分を磨くのもアリです。

周りの環境を変えるのは結構大事で、環境変えて急成長したエンジニアはたくさんいます。

まとめ

ということで、仕事ができないエンジニアは圧倒的に勉強する、転職する、このどちらかの対策を実施しましょう。
今の状態でエンジニア生活を続けても先はないですよ。
仕事ができないやつは現状を変えないと、できないままです。
成長した自分をイメージして圧倒的な勉強、もしくは転職をしましょう。

※質問やアドバイスがほしければコメント欄より連絡ください(いちおう、IT企業の採用担当兼エンジニアです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です