おーい!冷蔵庫のトマトが傷みそうだぞ!傷む前に肉団子とトマトの黒酢炒め

どうも、家事を行うエンジニア(@CampinggearPOST)です。
トマトが余った!
トマトを買ったけれども、使いきれずに余ってしまったなんてことありません?

フレッシュなトマトはサラダやカプレーゼに使えますが、時間がたつと身が全体的にブヨッとなって中の果肉が熟しだします。

と同時に酸味が増えるので、サラダには向かなくなります。

この増えた酸味が僕は苦手です。たぶん、嫌いな方も多いと思います。

さらに残念ながら、トマトはとても傷みやすい。3、4日経つと皮がブヨっとし始めます。

扱いづらい野菜なんです。

しかしながら、リコピンが豊富で栄養価が高いので、体に良いのはすでに周知のとおり。缶詰に入ったカットトマトより、断然フレッシュトマトの方が栄養豊富です。
じゃあ、この栄養豊富だけど、傷みそうなトマトはどう調理しましょう?

【時間15分】肉団子とトマトの黒酢炒め

傷みそうなトマトは炒め物が正解です。とくに、黒酢と良く合います。「トマトと卵の黒酢炒め」はポピュラーな中華料理ですが、肉団子とトマトの黒酢炒めを作ります。

材料

・豚ひき肉300g
・トマト2つ(今回は新品ですが、傷みそうなトマトでOK)
・ニンニク3粒
・しょうが1/2
・片栗粉
・醤油
・黒酢
・砂糖

全て近所のスーパーで買えますね。

僕が使っている黒酢はこれです。ミツカンの黒酢です。

ちょうどいい酸味なので、重宝してます。
黒酢は手羽先と炒めたり、スープに入れたりできるので、1本持っておくと便利です。

本格的な中華料理の味になります。

作り方
①まずは豚ひき肉300gをタッパに入れます。ボールでもいいです。

②しょうがとニンニクの皮をむいてみじん切りにします。

しょうがはピーラーで剥きます。ニンニクは手で剥きます。

しょうがとニンニクをみじん切りにします。包丁で丁寧にみじん切りしましたが、専用の道具があるので面倒な方はみじん切り専用器具を購入ください。

このみじん切り器具はめっちゃ便利そうです。基本、包丁でみじん切りしてきましたが、けっこう手間ですよね(笑)

③タッパにみじん切りしたしょうがとニンニク、片栗粉大さじ1杯、醤油大さじ2.5杯を入れて混ぜ込みます。

④肉タネができたら、肉だんごにして、蒸し器で蒸します。(蒸し器がない場合は茹でてもOK)

⑤トマトの下手を取り、8等分にカットします。

⑥フライパンにごま油をいれて、肉だんごを焼いて、カットしたトマトを入れます。

⑦塩コショウ、砂糖、小さじ1杯、黒酢を2回しほどして、2,3分グツグツします。

⑧水溶き片栗粉を流し入れて混ぜ合わせたら完成です。

ボリュームがあって美味しいですよ。

砂糖を入れる点がポイントです。強くなった酸味を緩和してくれます。

あと、トマトは炒めると水分が出るので、片栗粉でとろみをつけることも大事です。

傷みそうなトマト+黒酢=最強

トマトと黒酢の組み合わせは最強です。

だいたいどんな料理でも合います。

冷蔵庫を見てください。

もし、傷みそうなトマトがあったら黒酢でチャチャと炒めてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です