【勉強大事!】一人前エンジニアは開発経験積みつつ、勉強すればなれます。

こんにちは、エンジニアの@オノデラユウトです。

エンジニアの価値は知識×経験で決まります。

単純に業界歴が長くても勉強せずに知識が乏しければエンジニアの価値は低いし、知識が豊富でも経験が乏しければ、仕事で実力を発揮できません。

知識と経験の掛け算がエンジニアの価値だと思います。
そして、この2つの数値が高くなるにつれ、一人前のエンジニアに近づいていきます。

一人前のエンジニアになると給料も上がるし、仕事を引っ張っていく立場になります。やりがいも格段にアップすると思います。

今回は、「一人前エンジニアになるには何年かかるか」について、考えてみました。

けっこう一人前というワードはいろんなとこで使われますが、定義があいまいなので、一人前のエンジニアと言っている僕もこの記事を読んでいる方も「一人前エンジニアって何を指すの?」って感じだと思います。

事実、一人前の定義は人それぞれです。

エンジニアもそうです。

プロジェクトリーダーを一人前というのか、コードが書けたら一人前なのか、それぞれ。

なので、僕の中での一人前エンジニアをまず定義します。前提がないと話が分かりづらいですからね。

僕の一人前エンジニアの定義は「ネット検索はするが、製造は自力ででき、テストも書け、単体、結合、総合テストを自分で実施できるエンジニア」です。

分からないAPIとかはGoogleで調べて自力で解決できればOK。仕様や設計内容は周りに聞いても良いですが、技術的な部分は周りのエンジニアに聞いたらダメです。(googleにはOKです。)

これが、僕が思う一人前エンジニアです。

では、この一人前エンジニアになるには一体どれほどの期間が必要なのか。

三日三晩考えてみて、自分なりに結果が出ました。

この記事を読み進めれば何年で一人前エンジニアになれるかが分かり、さらにそうなるためには何をすべきかが分かります。

【個人差あり】一人前エンジニアになる経験年数は3年です

個人差はありますが、一人前エンジニアになるための最短経験年数は3年だと思っています。

根拠は3年開発経験をすれば、一通りの開発工程に関われると思ったからです。

僕の場合は3年間の開発で、主に詳細設計、製造、テスト、システム入れ替え(SI)を経験できました。

製造は既存画面の改修、新規画面作成、データメンテナンス、APサーバー構築、ハードリプレース、テストは単体、結合、総合、受入を経験しています。

3年の期間があって、ちゃんと開発部署、開発案件に関われれば、一人前になる経験値は十分獲得できます。

ただ、僕は3年間のエンジニア経験があるのに、一人前エンジニアではありません。経験は十分してきましたが、一人前と言えるレベルに達していません。なぜなら、知識が乏しいからです。

冒頭、エンジニアの価値は知識×経験だと言いましたが、僕にはこの知識が不足しています。

なぜなら、エンジニア1年目。僕は全くと言っていいほど、無勉強でした。正直、ただ仕事に言って目の前の作業をこなすだけ。

やる気がなかったんですよね。ダラダラと定時まで働くだけで、全く自己投資していませんでした。

もったいない1年を送ってしまったと感じています。

エンジニアは勉強も仕事。爆速で成長するために、1年目から勉強しておけばよかったなぁとつくづく思います。

そうすれば、僕でも3年間で一人前のエンジニアになれたと思っています。

知識不足は開発スピードにもろに悪影響が出るので、継続的な勉強をおすすめします。

経験は外部的な要因なので、自分でコントロールできません。でも、勉強するかしないかは自分でコントロールできます。

知識は自分の頑張り次第なのでコツコツ3年間地道に勉強しましょう。

勉強を習慣化しつつ、開発経験を積めばあっという間に先輩の背中が見えてきます。

【勉強継続!】一人前エンジニアになった後も勉強を継続すれば先輩エンジニアを追い抜ける

一人前になった後もスピードを緩めず、勉強はストップしない方が良いです。理由はそのレベルに達すれば爆速で先輩エンジニアを追い抜けるからです。

3年の経験で仕事のやり方はほぼほぼ分かるので、後は知識量の勝負です。

知識をどんどん増やすだけです。圧倒的に知識を積み上げれば、一瞬で5年目や10年目の先輩エンジニアを追い抜けます。

先輩エンジニアの中には自分の能力にあぐらをかいて勉強していない方も多いですので、一気に抜き去ってやりましょう。

経験は大事ですが、ベテランレベルになってくるとあとは知識で差がつきはじめます。

勉強は広範囲をまんべんなく習得する方法が良いです。

プログラム、データベース、サーバー、ネットワーク、セキュリティ。対象は腐るほどあります。

よく、Webエンジニアだから、「JavaやPHPを極める」と言ってプログラミング言語だけ勉強するエンジニアがいますが、これはおすすめしません。

プログラミング言語だけを極めてもシステム開発はできないからです。

それよりもデータベース、サーバー(linux)、ネットワーク、セキュリティなど広範囲の知見を持つエンジニアの方が重宝されます。いずれはプロジェクトリーダーになるので、その場合もトータル的な知識が求められます。
広く、浅いエンジニアを目指しましょう。

今の時代は広範囲をカバーできるエンジニアの方が求められています。

最後にもう一度。

知識×経験でエンジニアの価値は決まります。経験は外部要因が影響しますが、知識は自分でコントロールできます。勉強すればよいだけですから。
経験が少なくても知識を圧倒的に増やせば、あなたのエンジニアの価値は伸びていきます。
コントロールできない経験はあまり意識せずに、コツコツと知識をためていきましょう。

自ずと一人前エンジニアに近づいているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です