PHPエンジニアが応募すべき求人の見分け方

クラウド系サービスでは大人気のプログラミング言語PHPは、今やJavaと双璧をなすぐらい人気の言語になりました。
プログラミング言語内では新参者のPHPは、最初の頃こそ「PHPはセキュリティが弱い」とか、「あれはプログラミングではない」などと頭の固い方々から言われておりましたが、今や人気の高い言語となってしまいました。

プログラミング言語の移り変わりは激しいものです。需要の高まりと共にPHPエンジニアの数も増えてはいますが、それでもエンジニアの数が多すぎる需要には追いついていないのが現状です。みなさん、どんどんPHPエンジニアになってください。

PHPエンジニアを採用するシステム開発会社は大きく分けて2つの業態があります。
請負系システム会社と自社サービス開発会社です。(さらに分ければSES系システム開発会社もありますが、PHPだけのSESは少ないです。)

まずは請負系システム開発会社の特徴と求人ポイントを説明した後、自社サービス開発会社の特徴と求人ポイントを切枚します。

請負系システム開発会社

請負の開発案件をメインに行う開発会社です。

一般にシステム開発会社がお客様のシステムを構築する時はお客様先に派遣されてシステムを作るか、もしくはお客様から開発を請け負ってシステムを作るかの2パターンになります。

PHPはウェブで公開する動的システムを構築する際に重宝されるプログラミング言語であり、サーバー上でも安易に構築できること、また業務システム並みのセキュリティ性は求められないことから、請負開発が盛んです。

応募すべき請負系システム開発会社の求人

請負系システム開発会社は基本的に案件すべてを自社でさばくのでエンジニアも常に自社にいます。(業務システムを請け負う会社は自社エンジニアを客先に派遣する方が多い)

そのため、自社社員の働きぶりはいつでも見ることが可能です。システムエンジニアなので開発能力が評価の大部分を占めるかもしれませんが、社内でのコミュニケーションや自社業務(経理、営業、採用)の関わりも重要な評価ポイントとなります。

僕が考える応募すべきPHPの請負系システム開発会社の求人は以下の条件ができるだけ多くクリアできている会社です。

生産性を評価してくれること

請負系システム開発会社の案件は、比較的小規模の案件が多いです。例えば不動産算会社の検索サイトやイベントサイト、wordpressの機能追加やEC-CUBEを使ったECサイトの構築などです。PHPは案件によって規模感にばらつきが出やすいです。

小規模なシステム開発だと1人ないし2人で担当することも少なくないです。そのような案件の場合は生産性が大事です。
見積もりで出した工数よりいかに最小でシステムを完成させるかが大切です。

少ない工数は少ない人件費を意味します。案件ごとの利益は、見積額から人件費を差し引くので、工数が少ないほど利益が残る計算になります。
この生産性評価はエンジニアの質を高めますし、企業には利益を残してくれるのでお互いにメリットがあります。

チーム間コミュニケーションを評価してくれること

PHP案件の規模感はばらつきがあるため大規模なPHP案件だと10人以上でプロジェクトチームを作って開発することもあります。
その場合は先ほどの生産性と打って変わって、チーム間のコミュニケーションが重要です。プロジェクト開発では個々の実力以上にチームの結束力、協力体制が開発の質を決定します。システムエンジニアの中には他のエンジニアと一切会話をせず、自分だけ先に進もうとするエンジニアもいますが、チーム開発ではこのようなエンジニアはお荷物になります。技術力だけでない定性的な部分も評価してくれる企業は総合的にエンジニアを評価できる企業だと思います。

自社業務の評価があること

企業活動を続けるためにシステム開発以外に経理、営業、人材採用業務などが必要となります。これらは直接的に売上を出しませんが、企業が永続的に成長し続けるためには必要不可欠な業務です。これら業務が将来の売上の芽となっているのです。
そのため自社業務に対する貢献度も社員評価に入れている企業もおすすめします。(このあたりは転職サイト情報に書いていないので、面接で直接聞いてください)

キャリアパスを考えてくれている

これは請負系システム開発会社に限ったことではありませんが、システムエンジニアのキャリアパスを考えてくれている企業に応募しましょう。システムエンジニアは一般的にプログラマから始まり、システムエンジニア、プロジェクトリーダーとなっていきます。それぞれステップアップしていくには適切な時期に適切な立場に配置してもらう必要があります。キャリアを考えたキャリアパスを作ってくれる企業に応募してみてください。

勉強する社風がある

システムエンジニアは一生勉強です。
新しい技術やフレームワーク、概念などがどんどん登場して実用化されています。CakePHPを使いこなせたとしても今はLaravelの勢いがすさまじくなっていますので、Laravelを使いこなせなければいけません。そして数年後にはLaravelもどうなっているか分かりません。
このように一生勉強を続けるのはシステムエンジニアの宿命ですので、職場環境も勉強をし続けるシステムエンジニアが多く在籍している会社が良いでしょう。お互い勉強を教えあえますし、向上心の高い環境が作られているはずです。

自社サービス開発会社

自社サービスを展開している会社です。
PHPは自社サービスに採用されやすいプログラミング言語です。YahooやGoogleのサービスも一部PHPで書かれていたりしますね。自社サービス開発会社は自社サービスの利用料や広告料で売上を獲得しますので、自社サービス開発会社の社員はシステム開発以外の業務も求められます。

応募すべき自社サービス開発会社の求人

自社サービス開発会社のエンジニアも常に自社にいますので、システムエンジニアの能力はいつでも見ることが可能です。
自社サービス開発会社の主な目的はいかに自社サービスの売上を最大化できるかですので、そこを大事にしている企業を選んだ方が良いでしょう。僕が考える応募すべきPHPの自社サービス開発会社の求人は以下の条件ができるだけ多くクリアできている会社です。

積極性を評価していること

自社サービスの発展には積極的な機能拡張やUIの改善などが重要になります。
変化のない自社サービスはいずれ立ち行かなくなるので、積極的なシステム改善を行う必要があるからです。
そこで重要な存在なのが改善提案をしてくれるシステムエンジニア。積極的に意見を出し合うことでサービスはより良い方向へ進んでいきます。その提案が結果的に間違っていようとも積極的な姿勢を評価してくれる自社サービス開発会社に入社したいものです。

チーム間コミュニケーションを評価してくれること

チーム間のコミュニケーションは請負系システム開発会社より重要かもしれません。
自社サービスの場合はPDCAを回しまくって改善していくので、メンバー間の密な関係、正確な情報共有が求められます。技術力だけでなく、コミュニケーション能力も重要視する会社に入社しましょう。

自社業務の評価があること

これは請負系システム開発会社と同様の理由です。
企業活動を続けるためにシステム開発以外に経理、営業、人材採用業務などが必要となります。これら業務を担う人材がいてこそ、企業は存続し続けられるのです。縁の下の力持ちとなるシステムエンジニアを評価してくれる企業を見つけてください。

キャリアパスを考えてくれている

これも請負系システム開発会社と同様ですが、システムエンジニアのキャリアパスを考えてくれている企業に応募しましょう。
定期的にシステムエンジニアのヒヤリングを行い、キャリア形成を一緒に考えてくれる企業は社員の将来まで考えてくれています。なりたい自分に近づける企業に応募しましょう。

勉強する社風がある

システムエンジニアに勉強はつきものです。自社サービス開発企業の場合はフレームワークの知識よりも効率的なコードやSQLの書き方を学び続ける必要があります。(一度作ったサービスのフレームワークは基本変えないため)
しっかり勉強している社員が多い会社に応募しましょう。お互い勉強を教えあえますし、向上心の高い環境が作られているはずですので、切磋琢磨できます。

まとめ

PHPエンジニアは需要がうなぎ上りです。クラウドサービスが全盛の今だからこそ、PHPエンジニアを募集している企業も多いので、ぜひ募集している企業をチェックしてみてください。あの大手IT企業も募集しています。

ITに特化した転職サイトです。優良IT企業を紹介してくれます。一番オススメです。


首都圏に強い転職サイトです。


王道ですよね。企業からオファーがあるので、転職はしやすいです。登録して自分の市場価値を確認してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です