「エンジニアは女性にモテる」理由を考察してみた(妄想注意報)

こんにちは、エンジニアの@オノデラユウトです。
IT男子なる言葉が流行って、エンジニアの市民権もいまや一般化しました。昔はオタクとか言われていたのに、今はエンジニアと言えば、モテる男子の代表格になりつつあります。

「エンジニアはオタク」と言われていた世代の方々は今のエンジニアをどう思っているのですかね?(笑)

最近の大学生はじめ、若い子たちのエンジニアになりたい熱はすさまじいものがあります。いい傾向ですよね。

そんなエンジニアになりたい方の大半は、自分でWebサービスを作りたい、フルスタックエンジニアになってお金を稼ぎたいという野心家の方だと思いますが、中には「なんかエンジニアって女性にモテそうじゃん」っていう軽い動機でエンジニアになる方もチラホラいます(僕は賛成です)。

さきほどチラホラと言いましたが、チラホラじゃないかもしれません。けっこういそうな気がしてきました。

若い子がカチャカチャとコーディングしてるだけで幸せ。。

いや、幸せかもしれませんが、それだけじゃあないでしょう。

エンジニアになる前にあなたは男です。
やっぱり女性にモテたいでしょ、男なら。
やっぱりちやほやされたいでしょ、男なら。
そしてきれいな女性を奥さんにして、幸せな生活を送りたいでしょ、男なら。

ということで、今回はエンジニアが女性にモテるか否かを考察してみました。
俗に女性にモテると言われている、エンジニアですが、本当にモテるのか。そうだとすれば、どこが魅力?逆に言えば、どうすればモテるようになる?
このあたりを紹介したいと思っています。
では、まずエンジニアは女性にモテるのか?という核心部分から。

エンジニア=モテるは間違い、モテやすいが正解

はい、これです。
エンジニアだから、モテるは間違いです。
エンジニアだから、(職業的メリットがあって)モテやすいが正解です。(職業的メリットがあって)っていう箇所が超絶大事です。
つまり、エンジニアになった途端、女性がキャーキャーするようになる訳ではありませんが、職業がエンジニアだと知って、「いいかも!」って思ってもらえる可能性はあるということです。

これ、女性に対してもそうですよね。あまり気になっていなかった女性だったのに、職業がモデルやスチュワーデスと聞くと「いいかも!」って思うやつ。それと同じです。

エンジニアが女性にモテやすい6つの理由

じゃあどのような理由でモテるのか。考えてみました。モテるエンジニア諸君はもっとモテるように、モテないエンジニア諸君は6つの理由を念頭にしてモテるように自己研磨しよう。

エンジニアがモテやすい理由①:【生活の安定】給料が高い

ある統計データによると、システムエンジニアの平均年収は550.8万円、全体の平均年収が454.5万円となっています。

つまり、エンジニアの給料は平均以上です。お金はないよりあったほうがいいですよね。特に結婚を考える相手ほどお金はあったほうが良い。

世の常です。

給料が高いと生活は安定するので、心にも余裕ができます。

エンジニアがモテやすい理由②:【生活の安定】需要過多の職業である

エンジニアは圧倒的に人材不足です。

そのため仕事は今時代途切れる可能性がありません。つまり、リストラに合う可能性がほぼないんですね。

もちろんゼロではないし、将来的には分かりませんが、需要は根強くあります。

ってことで、仕事がなくならないので、生活が安定します。仕事があるのは幸せですね。

エンジニアがモテやすい理由③:【すぐに帰宅】お付き合いが少ない

僕がエンジニアになってびっくりしたこと。それはお付き合いという飲み会が圧倒的に少ない。

月1回あるか、ないか。僕はもともと異業種で営業をしていたため、週2,3回は飲み会でした。高級寿司屋での接待もしばしば。仕事で稼いだお金は飛んでいき、帰宅も遅い日々。
エンジニアになった今は仕事が終わるとすぐ帰宅です。飲み会がないのでお金が飛んでいきません。

すぐに帰宅できるので、家事ができます。自炊する回数も圧倒的に増えました。
女性からすれば、早く帰ってくる彼氏はいい彼氏だと思います。

エンジニアがモテやすい理由④:【勉強=仕事】勉強していて尊敬できる

エンジニアにとって勉強は仕事の一部です。目まぐるしく入れ替わるこの業界の技術を常にアップデートする必要があります。

だから、会社でも自宅でも勉強するのが当たり前。土日も勉強です。むしろ勉強していないエンジニアはだめエンジニアです。

でも一般的には勉強する社会人ってけっこう珍しいようなので、勉強しているだけで尊敬されます。

エンジニアにとっては当たり前なのですが。

エンジニアがモテやすい理由⑤:【ハッカー感】黒い画面がかっこいい

コマンド操作(映画でハッカー集団が黒い画面をいじくる操作)は、一般の方には物珍しいようで、かっこいいと思ってもらえます。

たぶん、意味不明なアルファベット入力でサーバーや端末を操作しているのがかっこいいのだと思います。

まぁ、僕もエンジニアになる前はコマンド操作に憧れていましたので、気持ちはわかります。

エンジニアがモテやすい理由⑥:【IT機器は任せた】パソコントラブル助かる

パソコンや家電の操作で重宝されます。

特にネットがつながらないとか、パソコンがうまく動かないとか。ネットワークやハードウェア系の部分。

パソコン選びに付き合うだけで感謝されますよ。

一般の方はメモリやOSの話をされても分からないので、エンジニアの存在はありがたいようです。

エンジニアは職業的にモテるが、バランスが大事

エンジニアがモテやすい理由①~④はエンジニアに限らずってとこですね。ここは公務員も同様だと思います。

つまり、安定的な職業で給与が高く、早く帰ってきて勉強している方はモテるっちゅうわけです。将来結婚したいと思ってもらえる男性だと思います。
⑤、⑥はエンジニア特有の理由ですね。

分からないことを知っている人って同性であってもかっこいいし、尊敬します。IT知識が不可欠な時代になったので、IT男子はありがたいですね。
というわけで、エンジニアはモテやすいです。潜在的にモテる職業です。
でも、人間性がゼロだとさすがにモテません。

6つの条件すべてに当てはまっていても、一緒にいたくない人とは付き合いたくないですから。

バランスが大事です。エンジニアとして仕事を頑張りつつも、人間性を磨く努力、経験も大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です