40歳以上のシステムエンジニア(SE)が高待遇で転職する条件

最近はシステムエンジニア(SE)のような高度IT人材の育成が叫ばれていますが、日本は高度人材育成が最も困難な国だという報道がされていました。

哀しいですね。個人的にシステムエンジニア(SE)の人材育成は急務だと思っていますが、すぐには難しいのが現状です。
だからこそ、その時が来るまでは既にシステムエンジニア(SE)となっている方には第一線で活躍し続けてもらう必要がありますし、システムエンジニア(SE)は人材不足の今だからこそ待遇でバンバン転職して、自身の付加価値を上げてほしいと思っています。
特に40歳以上のシステムエンジニア(SE)には豊富な経験や技術を備えているので、高待遇で転職するのは難しくないと思います。現場で活躍するエンジニアでも良いし、後輩育成のマネージメントに入っても良いし、とにかくその経験、技術をシステム業界に還元していただければ幸いです。

40歳以上の未経験者はシステムエンジニアに転職してはいけない

本題の前に1点忠告があります。
人材不足のIT業界ですが、とは言っても誰でも転職していいわけではありません。絶対に転職してはいけない方が40歳以上の未経験者です。僕は立場上、たくさんの方がシステムエンジニアに転職してほしいと思っています。しかし、40歳以上の未経験者は絶対にシステムエンジニアに転職してはいけません。
勘違いして人生を終わらせないためにもここは事前に言っておきたいです。

社会人経験豊富な40歳以上の方でもシステムエンジニアとしては新卒と同じレベルです。なにせ、エンジニアは技術職なので、技術力が重要です。異業種で優れた実績を残してきたとしてもそれは評価されません。10代から30代までの未経験者であればまだ先も長いので、企業も教育に投資できますが40代ともなると教育に見合ったリターンが得られないのです。そのため40代からシステムエンジニアに転職したいという考えは捨ててください。

40歳以上のシステムエンジニア(SE)が高待遇で転職する条件

それでは本題へ。ここまで読んでくださっている方は40歳以上のシステムエンジニア(SE)の方だと思いますので、その前提で話を進めていきます。まず、前提として40歳以上のシステムエンジニア全員が高待遇で転職できるわけではありません。転職はできますが、高待遇で転職するためには以下の条件を1つ以上満たしている必要があります。

プロジェクトリーダー経験がある

システム開発では、プロジェクトチームを作り、リーダーのもと数名のSEやプログラマが集まります。たいていベテランエンジニアがプロジェクトリーダーとなり、若手のSEやプログラマを携えて開発をします。プロジェクトリーダーはお客様と仕様確認や進捗確認、遅れている業務のフォローが求められます。責任は重大であり、納期の遅れは原則許されません。プロジェクトリーダーの実力によってそのプロジェクトの善し悪しが決まると言っても良いでしょう。

マネージメント経験がある

数十年開発を行ってくると、ある程度の開発業務はたいてい理解できるようになります。そのため30代頃からエンジニアには開発以上にマネージメント業務を求められます。いわゆる管理職っていうやつですね。IT企業にもとうぜん、総務や営業、採用業務が存在します。大きな企業ともなると専門の部署がありますが、まだ小さな企業だとこれらマネージメント業務はエンジニアが担います。開発をしつつ、マネージメント業務もしないとけないので、効率よく働かなければいけません。
しかし、このマネージメント業務に消極的なエンジニアがとても多い。
開発だけを優先し、雑務をしようとしないエンジニアはたくさんいます。(これってエンジニアの特性なのですかね)
だからこそ、マネージメント業務の40代エンジニアは重宝され、高待遇で転職ができるのです。

後輩育成の経験がある

いわゆる中堅の立ち位置になる40代エンジニアにはたくさんの後輩ができます。特に今はシステム開発案件がひっきりなしのためIT企業も採用に積極的。
そのため20代、30代の若手社員がどんどん入社してきます。その若手の育成を行うのはベテラン社員の役割です。ベテラン社員とは、そう、40代以上のエンジニアです。自分の技術だけを磨くことに突っ走ってきたエンジニアは若手を教育する術を知りません。若手エンジニアの理解が遅いと「なんで理解できないんだ!」と若手のせいにしがちです。しかし、優秀なエンジニアを育ててこそ、企業は高い売上を獲得できます。となると教育ができるエンジニアの給与がそれ相応になるのは当たり前ですよね。
若手を教育できるようになれば、高待遇で転職ができるでしょう。

すべて経験の有無

40代エンジニアが高待遇で転職するためには、プロジェクトリーダー経験がある、マネージメント経験がある、後輩育成の経験がある、の3点が大事です。すべて当てはまればベストですが、1つでも当てはまっていれば高待遇の転職が期待できます。この3点を見てもらえばわかりますが、すべて経験です。資格や開発案件の規模は関係ありません。

そうなんです、40代のシステムエンジニアが高待遇で転職するためには、開発業務以外にどのような経験をしてきたかが大切なのです。経験がモノを言うのが40代以上の転職です。
今までの経験をしっかりアピールして好条件を引き出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です