システムエンジニア(SE)の転職に役立つIT資格を一覧列挙する

システムエンジニアのみなさん、システムエンジニアで転職を目指しているみなさん、勉強していますか。

勉強はしないとダメですね。

日々の勉強以外にIT資格取得のためにも勉強しているエンジニアがいます。たいへん努力家な方々です。現在進行形のプロジェクト案件で必要な勉強の傍ら、IT資格の習得をするのはとても大変です。

システムエンジニア(SE)は資格より経験が勝る

そもそもシステムエンジニアはIT資格をした方が良いのでしょうかね。
実際、システムエンジニアとして仕事をするために必要な資格はありませんので、「システムエンジニアです」とご自身で名乗れば、システムエンジニアです。そしてエンジニアが評価されるには資格よりも経験が勝ります。

「ん?このページは役に立つIT資格を紹介するんじゃないの?」

はい。たしかにシステムエンジニア(SE)の転職に役立つIT資格を紹介していきますが、何よりも優先すべきは経験だということを事前に言っておきたかったのです。この基本を認識せずに役立つIT資格を伝えてしまうと、開発経験よりもIT資格取得を優先する心配があります。
開発経験を積みながら、勉強に励んで資格を取得することは大いに推奨しますが、IT資格取得だけに突っ走ってしまうのはいただけません。とうぜん、転職するためにはIT資格を持っていないより持っていた方が良いに決まっていますので、あくまで勉強の仕方の話です。実際にIT資格を取得すると転職には以下のようなメリットがあります。

話をせずとも知識レベルを伝えられる

履歴書に資格を書くだけで話さずとも知識レベルを伝えられます。

履歴書の資格欄に「基本情報技術者試験合格」と書いてあれば、
採用担当者はベーシックなIT知識は持っていると認識するでしょう。
履歴書の資格欄に「オラクルマスターSilver取得」と書いてあれば、
採用担当者はデータベースをしっかり扱えると認識するでしょう。

話をせずとも知識レベルが分かるので、面接も一定レベル以上から話が進みます。オラクルマスターSilverを取得しているシステムエンジニアに対して、「SQLはできますか?」と質問することはありませんよね。

資格を取得していることで一定以上レベルのエンジニアと認識させられるので、採用のハードルがぐっと下がり、採用されやすくなります。

給与交渉に使える

資格手当を給付する企業はたくさんあるので、資格を持っていれば採用面接のときに給与交渉に使えます。納得できない金額を提示されても、資格を理由にすれば上乗せした額をこちらから提示できます。もちろん、難易度が高い資格ほど給与交渉は優位に働きます。

若手はやる気アピールになる

若手エンジニアは開発経験が少ないので、経験を積みたくてもなかなかできません。若い頃はテストや資料作成がメインになってしまうでしょう。資格を取得すれば、やる気のアピールになりますし、任される業務を広げるチャンスになるかもしれません。

転職に役立つIT資格一覧

では、本題のIT資格を一覧で列挙していきます。まずIT資格は国家試験とベンダー資格に大別できます。国家試験とは、国が主催している試験です。基本情報技術者試験やデータベーススペシャリスト試験が該当します。これは資格ではないので、履歴書には基本情報技術者資格取得ではなく、基本情報技術者試験合格と書くのが正しいです。実際、試験合格と資格取得に違いはないのですが、履歴書の書き方としては注意が必要です。国が主催しているので受験料は比較的安価です。一方ベンダー資格はORACLEやCISCO、Linux Professional Institute (LPI)が主催する資格です。民間主催なので受験料はピンキリですが、総じて高い印象があります。

では、資格の概要や特徴を紹介しましょう。

基本情報処理技術者試験

ITエンジニアの登竜門と言われる資格。サーバーサイドエンジニアだろうがネットワークエンジニアだろうが、インフラエンジニアだろうが、まず基本情報処理技術者に合格しておこうという流れがあります。IT系の専門学校出身者はたいてい合格しています。ただ、知識を詰め込めば合格できるため、合格はしているが現場では役に立たないエンジニアも多いです。
出題範囲はテクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の3分野から問題が出題されます。テクノロジは、コンピュータの基礎知識、マネジメントはプロジェクトやサービスマネジメント、ストラテジ系はシステム戦略や法律に関する問題が出題されます。試験は午前と午後に分かれていて、午前は小問形式で午後は長文形式が出題されるのですが、プログラミングやアルゴリズムなどの専門知識は午後問題に出てきます。

受験日時

4月10月の年2回

場所

近くの大学など(主催側が指定)

費用

51,00円

応用情報処理技術者試験

基本情報をレベルアップした資格。たいてい基本情報処理技術者で終わってしまうので合格すると、「おっ!」と思わせられる。6か月以上は勉強時間を要するためコツコツ頑張る方は取得できていますが、個人的に費用対効果は低いと思います。

受験日時

4月10月の年2回

場所

近くの大学など(主催側が指定)

費用

5,700円

ネットワークスペシャリスト

ネットワークシステム構築に関する資格。出題範囲はネットワークの基礎知識からプロトコル技術、セキュリティ技術などネットワーク全般に及びます。ネットワークエンジニアは持っているといいかもしれません。

受験日時

10月の年1回

場所

近くの大学など(主催側が指定)

費用

5,700円

データベーススペシャリスト

データベース構築に関する資格。SQLからデータベース構築に関するデータベースの全般的な知識を問われます。長文で出題されるので、本業がサーバーサイドのエンジニアにはあまり役に立たないかもしれないです。データベースエンジニアは取っても良い資格かもしれません。

受験日時

10月の年1回

場所

近くの大学など(主催側が指定)

費用

5,700円

オラクルマスター

オラクルマスターはレベル順にBronze、Silver、Gold、Platinumに分かれています。サーバーサイドエンジニアはSilverまで取得すれば鼻高々ですが、インフラエンジニアやデータベースエンジニアはPlatinumまで取りたいところです。資格を取ったところで転職にすごく有利かと言われるとそうでもないですが、使う技術が網羅されているので実戦向きです。

受験日時

好きな時に(オンライン受験もあります)

場所

自宅もしくは受験会場

費用

まちまちですが、総じて高い

CISCO技術者認定

ネットワーク企業CISCOが主催しているネットワーク系のベンダー資格。ネットワークの知識を得たい方には良いかもしれません。CISCO技術者認定の中で試験内容は細かく分かれています。

受験日時

好きな時に(オンライン受験もあります)

場所

自宅もしくは受験会場

費用

まちまち(15,000円以上)

LPIC

LINUX操作を習得するためのベンダー資格。出来上がったプログラムをサーバで動かすためにLINUX操作は不可欠なので、割とは実戦向きの資格です。LPICレベル1~レベル3まで分かれています。基本情報技術者と同様、どのジャンルのエンジニアでも受けTムダにはならない資格です。

受験日時

好きな時に(オンライン受験もあります)

場所

自宅もしくは受験会場

費用

15,000円

もう一度言うが、やはり経験が勝る

以上、主なIT資格を一覧列挙しました。細かくピックアップするときりがないので、これぐらいにしておきます。見て分かる通り、一言でIT資格と言っても、ジャンルは多岐に渡っていて、それぞれ専門的な知識を身に付けることで資格取得できます。しかし、結局はインプットしただけの知識であって、実践で磨かれるアウトプットの積み重ねには敵いません。インプットした知識も使い方が分からなければ、宝の持ち腐れです。そのため、冒頭でもいいましたが、まずはエンジニアとして実戦で経験を積みながら、その上でIT資格を取得することを大いに推奨します。簡単ではありませんが、これを習慣化してしまえばかなり優秀なエンジニアになれると思いますので、転職する際も引く手数多(あまた)でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です