【サラリーマンの迷信】靴磨きをすれば仕事ができる論は本当か?

靴磨き仕事ができる論は本当か

こんにちは、エンジニアの@オノデラユウトです。

「仕事ができる人の特徴」の中で、靴磨きをしている人は仕事ができるみたいな話があります。

自分の商売道具をきれいにする人は仕事に真剣とか、靴磨きは細かい作業なので、仕事でも細かいところまで目が行き届く。など。

この「靴磨き仕事ができる論」は昔から言われているので、たいていのサラリーマンは聞いたことがあるはずです。

「ほう、それほど仕事には靴磨きが大事なのか」

僕も社会人一年目にこの言葉を聞いたときはそう思いました。

でも社会人経験が10年以上たった今、ふと「靴磨き仕事ができる論」を考えた時に少し因果関係が怪しい気がしていました。

実際、僕は靴磨きと仕事の出来不出来を証明したデータを知らないので、靴磨きをする人がなぜ仕事ができるのかいまだに理解できないです。

そこで、本当に靴を磨くだけで仕事ができるようになるのか、自らの経験をもとに落ち着いて考えてみました。

靴磨きしている人=仕事ができる人は間違いです

靴を磨くだけで仕事ができるようになるわけがありません。

靴と仕事の因果関係は皆無です。

これ、そもそも誰が言い出したのでしょう?調べても分かりませんでしたが、おそらく靴メーカーや百貨店、靴磨き雑貨販売店といったところでしょうか。

ばかばかしい話だと思います。

おふざけな話です。

という僕も昔、社会人1、2年目のころは「靴磨き=仕事ができるようになる」迷信を信じ続けて、帰宅後にせっせと靴磨きをしていた時期がありました。

革靴の色に合わせたクリームを購入し、履くたびにせっせとクリームを塗って、朝、自宅を出るときは艶出しワックスを塗って出社。

仕事ができるようになると信じながら。ウブですね。

でも、結果は伴いませんでした。まるっきりダメでした。
毎日、靴を磨いていたが、営業成績は変化なし。周りの営業マンと大差なしです。
なんなら、少し剥げてる革靴を履いている同僚の方が成績は良かったです。

そりゃそうですよね、ただ靴を磨いているだけなのだから(笑)

靴磨きで仕事ができる論の嘘を考察する

あらゆるビジネス雑誌やビジネス系Webマガジンで「靴磨き仕事ができる論」をいまだによく目にしますが、信じないほうが良いですよ。
仕事ができるようになるという意味では嘘です。

「靴磨き仕事ができる論」の特集の際によく目にするその理由ですが、これらを冷静に考えてみました。

靴磨きで仕事ができる論の嘘①お客様は靴を見ている

お客様に、きれいな靴を気付かれることもなかったです。

営業マン当時、1週間で70社を訪問していましたが、誰からも靴のきれいさを褒められることも気づかれることもなかったです。

靴なんか見てるお客様はいませんよ。

お客様は営業マンの顔とトーク力、気遣いを見ます。靴は見ません。

靴磨きで仕事ができる論の嘘②きめ細かな配慮ができると思われる

うーん、個人的には靴の配慮と仕事の配慮は結び付かない気がします。

靴をきれいに磨くには細部まで磨かないといけないので、そこからこじつけた話だと思いますが、仕事のきめ細かな配慮は別物です。

経験談ですが、以前、革靴を買うためだけにイタリアに行く革靴大好き上司がいました。いつも靴はピッカピカ。

でも仕事ではズボラでしたよ、最終的に左遷されてしまいました。

靴磨きをしていても、きめ細かな配慮ができるわけではないですよ。

相手が靴と人間ではワケが違います。

【結論】靴磨きする時間に仕事の知識を1つでも増やせ

結局は仕事ができるようになるための本質の努力を避けて、靴磨きに逃げているだけです。

乱暴な言い方ですが、仕事の知識を増やすための努力をせずに靴磨きで済ませて、自己満足しているだけです。

それなら靴磨きをせず、不満足のまま、「自分はできない人間だ」とフランスとレーションを抱えたまま、そのストレスから逃れるために知識を1つでも増やすべきだと思います。

それが本質で真っ当な努力。

知識が増えると良いですよ。

知識が増えると、その知識を周りに話したくなるので、モチベーションスイッチが自動でONになります。そして周りが満足してくれるともっと知識を増やそうとする…好循環の始まりです。

仕事の知識を蓄積するほど、仕事ができる人間になります。

知識が全てです。

仕事ができる人間になりたいなら靴磨きせずに仕事のための努力をしましょう。

靴を見るお客様もいますが、靴が綺麗でも仕事の成果には結び付きません。

ただし、靴磨きが完全にマイナスになるわけではありません。

靴は清潔に越したことはありませんので汚い革靴よりきれいな革靴の方が良いに決まっています。

でも、それだけです。
成績に影響はしません。人として綺麗にしましょうというレベルです。

【鶏が先か、卵が先か】仕事ができる人が結果的に革靴磨きしているだけ

最終的にこの「靴磨き仕事ができる論」ですが、靴磨きをしているから仕事ができるのではなく、仕事ができた結果、精神的に満たされた方が靴を磨くようになっただけだと思っています。

こういうこと。

× 靴を磨くから仕事ができる

〇 仕事ができる。結果、(余裕ができて)靴を磨く

です。鶏が先か、卵が先か、ではないですが、靴磨き論に関しては仕事ができるのが先です。なので、仕事ができるようになりたければ日々勉強をして1つでも知識を増やしてください。

靴磨きしている人は仕事ができるの迷信に騙されるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です