給料が安いエンジニアは勉強してなさすぎて転職市場も相手しない

こんにちは、エンジニアの@オノデラユウトです。
エンジニアは給料が安いっていうお話、時々聞きますよね。

「何でこんなにエンジニアって給料安いの?」

「何年働いても給料は少ししか増えない。お先真っ暗。」

「こんな安月給じゃあ結婚もできない。あぁ転職しようかな」

色んな不満が聞こえてきます。

まぁこういう愚痴を言っている人、勉強会や開発現場でたまに見かけます。(笑)
この業界はブラックだと思って、他業界に転職してしまうエンジニアもたまに見かけます。(笑)

まぁ確かにこのように感じるエンジニアの気持ちは分からなくもないです。僕はエンジニアになる前に不動産会社や医薬品メーカーで営業マンをしていました。医薬品メーカーは大手企業だったので、総じて給料は高かったです。さらに仕事の出来不出来関わらず、社員はほぼ横並びで徐々に給料が上がりました。20代半ばぐらいでだいたい450万円前後。一律同じです。まさに昔ながらの大手企業です。言い方を変えれば、実力差が発生しない給料システムです。

一方で、IT業界。

20代なのに1000万円、2000万円貰っているエンジニアはたくさんいます。でも。300万前後のエンジニアもたくさんいます。

昇給の上りが半端ないエンジニアもいる一方で、全く昇給しないエンジニアもいます。

まさに実力社会。

20代なのに1000万円、2000万円貰ってる方って他の業界じゃフルコミッションのトップセールスマンか、会社の社長ぐらいですよ。
だからこそ、異業種に転職しようとしているエンジニアの方は少し考えてみた方がいいと思います。

実際、IT業界ほど給料を簡単に上げられる業界はないです。方法はとても簡単です。

【結論】黙々と勉強すると、自ずと給料は上がるシステムです。

じゃあどうやって給料を上げるのか。シンプルです。黙々と勉強する。

エンジニアの評価は原則、技術力です。エンジニア職は技術力が付ければ、自ずと給料は上がります。
じゃあどうすれば技術力が付くのか。黙々と勉強すれば、技術力は付きます。
つまり、黙々と勉強すれば給料は上がります。

ただし、勉強すると言っても、もちろん、ただ机に向かうだけではなくて、技術力を記憶するレベルまで勉強する必要があります。受験レベルの勉強です。平日は1日1,2時間、週末は1日4、5時間は勉強してください。圧倒的に技術力を記憶する。
そして、業務中に分からないことがあれば、周りに聞いたり、グーグルで調べるのではなく、自分の記憶にアクセスする。

自分の海馬にあらゆるIT知識を詰め込むまで記憶します。自分の海馬がデータベースになるぐらい知識を保存します。
そして勉強する技術はシステム開発に関わるあらゆるジャンルです。とは言っても僕は4分野でいいかなと思っています。プログラミング、DB、ネットワーク、サーバー(linux)の4分野です。
今の時代、サーバーサイドエンジニアだったとしてもサーバーサイド言語だけではダメです。サーバーサイドがメインだったとしても、DBやネットワーク、サーバー、プログラミングを習得する。最近流行のフルスタックエンジニアってやつです。システム開発に関わるあらゆる知識を習得して、エンジニアレベルを上げていきます。

あらゆる技術力ジャンルを黙々と勉強して、フルスタックエンジニアになるのが給料アップのコツです。

技術力は生産性を上げるから給料が上がる

エンジニアの評価は原則、技術力と書きましたが、言い方を変えると生産性です。

一定時間でどれだけ多くの業務をこなせるかです。

一般的なエンジニアやプログラマーが1日でソースを1000ステップ書くならば、2000ステップ書きます。つまり、一般的な生産性の2倍の生産性を持っていることになります。こうなれば、社長は給料を上げてくれます。まぁ当たり前ですよね。1人で2人分の仕事をしているのですから。
で、この生産性を上げるのが技術力。技術力を身に付けて、グーグルに聞かずにいかに自力でできるかが大事。

①分からないけど、やってみました。でもできませんでしたは生産性ゼロ。

②分からないからグーグルで調べました。できましたが、10時間かかりました。

③分かったのですぐコードを書いたら1時間で終わりました。

どう考えても③のエンジニアは給料が上がります。③になるためには技術力が必要です。

ITの資格取得がおすすめ

給料を上げるためにあらゆる技術ジャンルの勉強が大事だと分かってもらえたと思います。僕は各ジャンルの資格取得をおすすめしています。

プログラミングなら、Java silverやPHP技術者認定、DBならOracle Bronze、ネットワークならCISCO、サーバーならLPIC レベル1です。

各資格の初級資格を取得できれば、フルスタックエンジニアの第一歩です。まぁこの4分野の初級資格を取得したころには年収はかなり上がっていると思います。

それでも給料を上げない会社なら転職すべき

あながた黙々と勉強をして、各分野の初級資格を無事取得しました。もうフルスタックエンジニアの入り口に差し掛かっているレベルです。

さぞ給料は上がるだろうと思っても、最終的に給料を決めるのは悲しいかな、会社の社長さんです。一般的にあなたが1000万円レベルのエンジニアになったとしても、社長が給料500万円なら500万円のままです。「今まであなたに投資してきだから」とか何とか言って簡単に給料は上げない社長もいます。

でも、あなたがこのような技術力を正当評価しない会社に在籍してる場合はすぐに転職したほうが良いです。きっぱり踏ん切りましょう。あなたの会社はあなたを500万円としか評価しませんが、エンジニア市場はあなた1000万円と評価します。
なので、確実に給料アップの好条件で転職できます。

1000万円の価値があるのに、給料をあげない社長がいるなら転職してください。でも、技術力に応じて給料をあげてくれる社長ならば転職せず、フルスタックエンジニアとして今の会社に貢献してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です