定食屋やラーメン屋は券売機を導入すべき

最近は券売機を導入している定食屋やラーメン屋が増えていますね。
個人的には人口減を救うシステムなのでどんどん増えていってほしいと思います。

お店にとってお会計や注文取りなどの注文処理業務には多くのコストが発生します。
レジ台やハンディーレンタル料など様々発生しますが、その中でも最もコストがかかるのは人件費です。お会計をする際は一人のスタッフの労働力が無条件にとられてしまいます。レジをしながら他の作業をするのは大変ですし、何しろ支払いをしているお客様に失礼です。確実に1人分の労働力はレジに取られてします。さらに注文取りも同様で1人分の労働力が注文を取るために取られてしまいます。

忙しいお昼時(12時~14時)ともなると、レジ対応や注文取りがひっきりなしです。
お客様の出入りが激しく、かつ回転率が高い定食屋やラーメン屋は昼時が最も忙しくなります。食事を終えたお客様の会計もしないといけないし、新しいお客様の注文取りもしないといけません。

この手間を失くせられれば、どれほどお店の回転が速くなるでしょうか。

レジ対応しているスタッフや注文取りをしているスタッフを料理補助や食器片づけに回すことができれば、どれだけ効率的に回せるようになるでしょうか。

レジ対応しているスタッフや注文取りをしているスタッフを減らせられれば、どれだけ人件費を浮かせられるでしょうか。

そろばんを弾けば一目瞭然です。

そして、その手間を失くす術が券売機の導入です。

券売機があればお客様が自分で自分の注文を取ってくれて、さらに会計を済ませてくれて(しかも事前に!)、おつりも対応してくれます。

金額間違いも発生しません。

これを昔ながらスタッフで対応していたら、人手もとられてしまいますし、支払ミスが発生する可能性もあります。

効率が悪すぎます。

個人的には支払はすべて券売機が行い、ヒトはより美味しい料理を提供するために雇うべきだと思います。
仕込みの時間を長くしたり、料理の質を上げたりするためにヒトを雇うべきです。

ただし、もちろん券売機導入がすべての業態に当てはまるとは思いません。ゆっくり食べるイタリアンやお寿司屋などは券売機があれば雰囲気をぶち壊してしまいますのでナンセンスです。

居酒屋などの夜の業態も向いていません。注文するたびに券売機に購入しに行っていたらお客様は手間でしかありません。

高い回転率が求められる定食屋やラーメン屋が券売機にすべきです。
お客様にとっても忙しい昼時。
食事が終わっているのに、スタッフが忙しくて会計が出ず待ちぼうけを食らうのは気持ちいいものではありません。時間がかかるお店ということで次回からは敬遠されてしまうでしょう。それぐらいサラリーマンにとってお昼休憩の1分1秒は重要です。

もし、定食屋やラーメン屋さんを始めたいと思っているのなら券売機を導入して回転率を上げる努力をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です